注視し始めたばかりでははっきりと推移する素振り

ようやく仕かける時という場面では、何をおいても下調べを怠ってはならない。79-5-72

取引を行う前であったならば、その物を合理的に見ることができる余地があります。本田ヒルズタワークリニック

だがしかし、一度取引の内部に深入りするとどうあがいても物の見方が偏ったものになる事が多く肝心な時に冷静な判断を下せなくなる可能性があります。79-3-72

それだけに自分の頭が合理的なうちに、しっかりと準備を進めておくことが不可欠です。79-16-72

この”準備”とは、最初はあなただけの物語を描くことから始めます。79-9-72

今後の為替相場はこうだから円を勝負するといった、あなただけの物語を描いていきます。79-1-72

次に大事なのはローソク足チャートを見ましょう。79-8-72

それまでの市場の上げ下げを見極めて今現在の相場を見ます。79-6-72

そうすると、「今はなかなか低い状況になっているな」とか、「今となっては大勢の投資家の方々が勝負している、これから先慌ててしかけても今はもうやりようがない」などと見えてきます。79-4-72

無論今はもう売り(または買い)するが遅すぎるなと感じたらそこはきっぱりとあきらめることか大切です。79-7-72

どうやってもあなたのシナリオを引き下げないで諦めずに売買すると相場にやられて、それどころか損することになるリスクがあります。

とは言うものの多くの場面で事前に準備しているあなたなりのストーリー展開を作り上げていると売買が手遅れというケースにはならないでしょう。

たぶん、具体的にマーケットが上げ下げする前のはずです。

次に、自分がエントリーしようと考えている通貨ペアの上下の動きをきちっと調べる事が重要です。

もしも、ドル高が進むだろうという脚本を描いたのであれば該当する外貨の動きに注目しておきます。

市場の推移を注視し始めたばかりでははっきりと推移する素振りを見せることはなく、上がったり下がったりちょっとした変動を繰り返しているだけだろう。

でも、その推移をじっくりと確認していると、ある地点でゆっくりとドル高へとマーケットが変化し始めます。

この状況でやっと、ドル円の注文をします。

通常は、そこまで注意深く準偏を考えておけばその取引で稼げる割合は相当大きくなるはずです。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.sonsofinvidia.com All Rights Reserved.