例えば円安に向うと予想する脚本

いよいよ仕かける時という局面では、何をおいても準備を怠ってはならない。80-16-72

トレードを始める前、相場を合理的に調査する事が出来ます。80-5-72

ところが、ただ一度市場の中に入ってしまうとどう工夫しても見解が自己中心的になりがちで、重要な時に正しい見方が出来なくなる。80-7-72

不安があります。80-15-72

だからこそ己の考えが理性的な場面で、ちゃんとした準備する事が不可欠です。80-9-72

”事前準備”するためには、始めにあなたの物語を記す事から行います。80-17-72

今後の投資状況はああだから、この通貨をエントリーするみたいに自分なりの台本を書いていきます。80-6-72

次に重要なのは日足チャートを調べましょう。80-18-72

これまでの相場の上下動を見つめて、現在の値段を確かめます。80-13-72

すると、「かなり低い場面である」または「すでに大勢の人々が取引しているからこれから先慌てて売買してもすでにやりようがない」ということが見えてきます。80-14-72

当然ですが買い(または売り)するのが遅いと考えたら、何もせず、そこはあきらめることか大切です。

どうあがいても自身の物語を妥協しないで無理やり売買すると、為替相場にやられて、反対にマイナスになります。

もっとも多くの場合では準備が整った自分の筋書きを考えておけば、売買がなすすべがないという具合にはなることはありません。

実際にマーケットが変動する前の状況のはずです。

続いては、とりあえずはあなたが売買しようとしている外貨の動きを、きちんとチェックすることが必要です。

例えば円安に向うと予想する脚本を作成したのであれば、その外貨の推移に注目する事が大切です。

マーケットの上下動をチェックし始めた場面ではその外貨は分かりやすく上げ下げする兆しを見せることなく、多少の変化を繰り返しているだけでしょう。

だけど、その推移をきちんと調べているとある地点でじりじりとドル高へと市場が動き始めます。

この状況で初めてドルの注文をします。

普通は、これだけ注意深く準備を考えておけばそのトレードで利益を上げる可能性は結構高まるはずだ。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.sonsofinvidia.com All Rights Reserved.