自分で「ここはいける」と思える感覚

現実にコンピュータの画面の前に座り、いつも上下している為替相場を見ると何やら売買をしなくてはいけない衝動に影響される状況も多いです。

しかし、ぼんやりした考えで売り買いをするのは、決してしてはいけません。

ご覧の通り、マーケットは四六時中休みなくいずれかの国のマーケットが動いているしレートもいつでも上がったり下がったりします。

そうであっても、頻繁にエントリーをすると、その分だけ損失が生じる危険性が高まってしまう。

当たり前ですが、売り買いの回数を増やすことによって次第に稼げる確率か五分五分になるのは事実です。

けれどもこれは「なんだか分からない感覚で売買」してしまうこととは別問題です。

売買回数を重ねる意味というのは、自分で「ここはいける」と思える感覚を得られたうえでのトレード回数を重ねるという事を言っています。

ただ何となく、ひっきりなしに売買を積むのとは異なります。

市場の勝負に負けないためには、己で意識的にけじめをつけることこそが重要です。

「ここだ!」と感じた市場の時には、思い切ってポジションを多くして集中して利益を追い求めます。

「明らかに難解な相場でどう上下するのかわからないな」と考えた時は、執着しないで持っているポジションをクローズして何もしない。

それくらいのメリハリをつける方が最後にはトレードはうまくいきます。

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがあります。

本当に言葉どおりだと感じます。

相場とは、いつでも売買ポジションを所有する事が重要ではなく、どのポジションも持たないで待っている事も場面によっては取引です。

それでは、いつ、休めばいいのでしょうか。

最初に言われるのが前述したように、これからの相場展開が理解できない時です。

どうなるのかわからないような時は間違って判断すると、自身で考えたストーリーとは違った方向に外国為替市場が向ってしまい、損失を被ることになる。

だから、こんな時はポジションを整理してそのまま何もしないで静観を決め込むのが良い方法です。

第2に、自身の健康状態がすぐれない時。

体の具合と市場に何の影響も与えないと感じる人もいるだろうが。

実は意外に影響します。

体の具合がすぐれなければ、外国為替市場の判断しなければいけない状況で冷静な決断を下すことができません。

関心がわかない時はマーケットから離れる事も大事な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.sonsofinvidia.com All Rights Reserved.